オークションとは?

中古車オークションは、中古車販売業者なら必ず参加できる仕組みではなく、会員に登録する為には、経歴や実績などの審査があり、その審査に合格することが出来た業者しか、会員に登録することが出来ない仕組みに成っており、一般ユーザーは絶対に参加することが出来ない、業者専用の市場になっています。

オークション入札会場 風景

オークション会場は、全国各地にあり、毎日どこかの会場が開催しております。
出品台数は会場により違いますが、小さい会場でも約3000台、大きな会場になると約1,5000台の車が出品され、
その日のうちにセリにかけられています。
オークションでのセリの結果が、その車の相場になり、オークションで落札した 価格が中古車業者の卸値になります。

全国の各オークション会場には、出品される車両に対して評価基準を設けており、その評価基準に沿って
各オークション会場の専門検査員が、出品される車両一台一台を検査していき、出品表に車両の状態を記載し、
評価点を付けて行きます。
常に、オークション会場が、出品している業者・仕入れに来ている業者の中立に位置し 第三者の目線で厳正かつ公平なセリが行われるようにしています。

現在の中古車市場の車の殆どが、何処かで開催されております、中古車オークションを経由して店頭に並んでいる
のです。

オークション出品車両の中には、登録だけ済ましている年式も新しく、走行距離の少ない非常に新車に近い中古車も、多数出品されております。新車同様の車を、新車よりもはるかに格安で購入が可能なのです。
もちろん、新車時のメーカー保証も継続して受けることが出来ますし、オプション等も別途購入ではなく、すべて込みの価格になります。

新車の購入をご検討中のお客様も中古車オークションでの、ご購入も一度ご検討下さい。